スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | - | -
2015 01 11 MIKKYOZ LIVE at 砂丘館 "SPECTRA FEED"
→ MIKKYOZ.com

20150128

正直、空なんかもう灰色の雲ばかりで、
その隙間から透き通る様な水色が
チラリと見えれば有り難いくらいの陰鬱な空気で
此処で生活しているだけで気持ちが薄暗く
澱んでくる様な街に
生まれてから数十年と暮らしている。

”それらしい”事しかない。
根っから生まれ育ってきた文化なんて多分一握り
そんな土壌も無い。
都心まで車で6時間、高速電車で2時間、
ここの人が憧れる情報最先端まで其の位の距離、近さ故
陰鬱にまみれる人柄はそれ相応にねじ曲がり、
先端を真似したその上で
ちゃっかりとソレよりも羨ましがられる様になりたい
と思う歪な精神性。
コンビニエントに先端を装いたい単純な思考は
"流行に敏感"と手っ取り早く真似する事で
自分たちの価値基準で何かを生み出すなんて
ひとかけらの気持ちもないのだ。
文化を纏ってポーズを付ければ大勢にちやほやさせる。
欲求なんてそれ位の事で解消される安直さ。

心の根っこで自分の感覚に自身が無い、
から能動的に何か始める事なんてない。
流行ものを真似てそれで終わり。
はなからそんな心構えなのだ。
田舎根性だらけの都会文化の植民地。
一言で言えば「地獄」


私は神経を痛めて病んでしまっているので
歩いているとフラフラとめまいがする。
それは汚泥の様な澱み蔓延した自意識に当てられてなのか、
それとも頸椎ヘルニアが巻き起こす神経の反射の所為なのか、
部屋を出るとめまいの様に視線が泳ぎ、
子どもの頃に意味も無く遊ぶ
くるくる廻り過ぎた時になるアレの様に、
目線が定まらずに只々焦点の合わない目で
街を眺めながら歩く。あ、散歩と言うのか。

澱んだ町並みを目眩混じりにふらりと歩くと
そんな自意識を無視出来る、
というか確認する事をスルーする。
見えるものは生の気配のない人工物と少しの自然で、
人工物は魂の無い固まりとして至る所に点々と存在して
生活を形成する社会部品として
綺麗に塗り固められた状態で放置(管理)されている。
橋梁、階段、電信柱、壁のようなそういうやつ。
比べて自然はたくましい。
偉大な神木、大きな力の様に奉られる事なんて無く、
只々生きる為に根を張り育ち命を広げる。
雑草、木、花、独自の生体で本能の侭に命を突き進むのだ。

目眩の揺れの中に私の目に飛び込んでくる小さな命の息吹と
加工されたコンクリートの固まり。
命は容易にコンクリートを突き破り裂け目から水分を得ると
蔦を這わせて無命の間に侵蝕するそのエネルギー。
混ざり込むその姿はまさに生と無の混ざり合った都市と人間を想起させる。
人体の神経感受はエネルギーの波動に敏感に反応して
生きる命と波動を無意識にシンクロさせる。
これは人間の本能なのか。
どこかの話ではなくふらりと少し外に出ると
実はそこかしこにそれらは転がっている。

社会、文明、経済にまみれてそれが生きる事と思い込み
都市で生きていく上では其れは思考からショートカットされる。
要らない思考として処理される。

しかしひとたび生命と加工物のフュージョン姿に意識が向くと、
其れに当てられ自然物である肉体に意識が向けられる。
忘れかけていた生き物としての人体とエネルギーに再度気付かされるのだ。

目眩の中で見る其れ等は夢なのか?
自意識の汚泥が澱み堪る都市生活社会が現実なのか?
いや逆に其れこそが本当は夢なのだ。
文化を消費し着飾り欲求を振りまく其処こそがまやかしの"常識"なのだ。

MIKKYOZの作品に触れるとそれを体験せずとも
頭の中に同じ作用を感じ取る事が出来る。
彼らは神経に作用する様に鳴り響く音塊と映像や写真を操り
夢をコントロールするかの様に意識の中に滑り込み
本来の生き物たる人間の自己探求思考を
作用させるべく作品を制作する。
自意識の汚泥の蔓延する上っ面の"文化地獄"の中で
生身の命の鼓動を鳴らし提示し続ける。

それは密教の術式を用いて人間本来の力を引き出し
操作する技術の様に真の現実を我々に提示し続ける僧侶だ。

08:39 | 雑記 | comments(0) | trackbacks(0)
Tomato n' Pine 解散
今回、今年一杯の活動を持ってトマパイが解散してしまう
と言うニュースが流されて、此処最近トマパイについて
思考していた事何かを記して行きたいなと思います。
あくまで個人解釈であります。。

過去POSTにおいて私が見ていたトマパイなる集合について、
最近の展開で明らかに醒めていた部分が有りました。

事象の流れで追って行くならば、私が没中し
感動していた彼女達の魅力の一つに
「少女達と並走する作品制作によって
楽曲と本人達との乖離を意識する事無く
キラキラした少女の輝き」
を堪能出来た部分が大きかった気がします。

故に現代少女の突飛さなどに目を引かれる事無く
刹那的な輝きに魅了される事が出来た。
私はこう考えておりました。

そんな私が没中しておる最中にプロデューサーであります
Jane Su女史がお話の語り口調の面白さから頻繁に
ラジオ番組に出演し始めました。
其処で語られた事に関しては大して何が有った等は
気になる事は無く、寧ろ
「彼女達のファンの事を考えるとね(下ネタはスルーします)」
的な心配りが有った気がしました。


そして変化はこの辺りから始まった様な気がします。

其処で評価を得てか今度は毎週コメンテイターとして
出演するラジオ番組が始まります。
其処ではタブー無く下ネタから人生相談、何でも方便に語られて
キャラクタ、内容共に評判を得て音楽プロデューサーというより
演者としてラジオリスナーから人気を得て行き、
更にはラジオ番組経由でのファンがグループに沢山出没し
人気が出て来た様にも思います。

そういった流れでリリースされたトマパイ 3rd sg
「ジングルガール上位時代」
この作品はプロデューサーのルーツとして語られた
ブラックミュージックの影響を大きく含ませた様な
上質なポップスだったとは思います。

しかしながら私が聞いた印象から言うとこの曲からは
少女達に並走させて輝かせる様なTomapai音楽では無く、
演者に移り変わったJane Suの自意識を大きく反映させた
"Janeの曲"の様に感じました。
若い頃遊んだ西麻布でのクラビングの模様を歌う様な歌詞等
明らかに歌い手である現代の娘御達を置いてけぼりにした楽曲。
この違和感、
"Girls達の居場所を作ってあげる"
といったコンセプトから逸脱した瞬間。

しかし、このレコードはその隠れ仕込まれた暗号的音楽情報や
マニアックなトラックメイキング故、支持し"楽曲派"と呼ばれるには
打ってつけのアイテムとなり、
「ジングルガールを勧めていればセンスがいい」
的な雰囲気すら作って行った様に私は感じます。

更にアイドルポップスなのに奥深い音楽遊びをしていると
評価する音楽評論誌、ラジオリスナーからの声で
この路線が評価されたのだと言う流れが出来てしまうのでした。
そうなれば作り手の方向は迷う事無く
以前の反応が薄いやり方ではなく
こちらにシフトして行くのもしょうがなかったかもしれません。



私が見ていたキラキラと輝いていたこのグループは
この頃にはたぶん終わっていたのでしょう。

この後に様々なゲストを迎えた"クラブ"パーティイベント「PS2U」等
コンスタントに販売促進ライブ活動等も行われ、
遂には第二期総決算CD album「PS4U」も発売。

収録曲には過去のsgを総浚いしつつ新曲を含有。
ラテンフレイバーの「踊れカルナヴァル」

他アイドルの影響からかエレクトロポップスに
強引にヘヴィリフをかませる"奇形曲"
「そして寝る間もなくソリチュード (SNS)」

スキャットマンmeetsカーディガンズな「Train Scatting」

等、様々な風味を含ませながらも演者本人達を置いてけぼり且つ
裏方の「私たちマニアックでしょ」的音遊びした様な楽曲が並び、
キラキラを放つ「キャプテンは君だ」「旅立ちトランスファー」
等が霞む様にも聴こえ、
沢山の方達が言う様な名盤には私には聴こえなかった。






”但私が好きではない音楽である”と言う事だけなのです本当は。


でも
例えばこういう変化がいけないと言っている訳では全く無く
これ以上の奇跡の様な瞬間と音楽をこのグループの過去に
楽しんで来たからこその幻滅かもしれない。


一気に心離れた彼女達を殆ど追いかける事はもう無く
そして、追いかける事無く今回の解散に至ってしまった。

不思議と寂しさ等は無く「あぁ、そうなのか」位の心の動きで、
其れはもう何となくドッチラケになってしまっていた彼女達の様子を
少し感受していたからかもしれない。

ただ、猛烈に恋し、夢中になり追いかけたこのグループを
あのキラキラと輝いていた瞬間だけでも
見ている事が出来た其れは忘れたくはないし
いつまでも素敵だった音楽、映像を
此れからも再生して行くと思う。

何かが始まったならば必ず終わりは来てしまうもので
其れを否定はしないし受け入れなければならないのだ本当。

私の中では"肩越し右ピース"しながら"三つ数えてバイバイ"と
笑顔でさよならして行ったよ。さらば。。

おつかれさまでした◎
07:10 | 雑記 | comments(0) | trackbacks(0)
Perfume : spending all my time PV 私の解釈 第一次接触
出れない部屋:逃れられないグループブランド,柵

その中でならどんな魔法も
凄い事も起こせるけれども
あくまで認知されているのは人間ではなく
ナンバリングされたアイコンとしての個人
詩は「いつまでもあなたの事、愛してますよ」
みたいな感じなのかな?
英語解らないけれども。。
無表情で其れの繰り返し
"あなたの見ている私たちはフィクションですよ"
その上で歌を聴いてね
みたいな事

とかなのかな。

言葉なんてワックだ。って所まで飛躍してもいい?…ですか(笑)

ハンドサインに関しては知識が無いので
意味までは解らないです(笑)

感想は各々が勝手に思考出来るから楽しい◎



何だか前のアルバムが出る頃から
自分の意志でどうにも出来ないという
このグループシステムの柵に対しての
メンバーの苛立みたいなものが
見え隠れしてしまうので
そう言う風にばかり解釈が
行ってしまうのですが、
どうなんだろう。。

「やっとアルバムが出ます!」って言って
泣き出しちゃった所とか
会社や作曲家が乗り気にならないと
本人達にやる気が有った所で
何も生み出せずどうにも出来ない
アイドルシステムの辛さなのかな。。

なんてボンヤリ思ってみたり

一見しての感想だからすっと見てたら
もっと変わって来るかも(笑)
22:13 | 雑記 | comments(0) | trackbacks(0)
音楽の話 7/17
入荷日、私が確実にレコ屋さんを覗きにいく日。
火曜日はそんな日。殆どのレコは発売日水曜日。
前日入荷で出しちゃう"フラゲ"の日が今日。。

どんなのが出ているのかな?
どんなのが聴けるのかな?
 
いつも楽しみでいつも幻滅しに行くのも日常で(笑)

そこで試聴機に夢中になってた所、
私が青年時代に中古屋さんで働いていた頃の
同僚と久しぶりに遭ったのです。

頭カチンコチンのヤング私の音楽意識を
様々な方向からぶっ壊してくれた先輩
古い黒人音楽、優しいフォークミュージック、
色んなのを教えて貰ったけれども
彼によってドンハマりさせられたのは
"フィッシュマンズ"
でした。

私は五月蝿く重たいハードコアサウンド
ばっかり聴いてたのに
今まで聴いた事無かったレゲエポップスに
心を持って行かれたのです。

沢山聴いてた頃に中心人物の佐藤さんは
他界されてしまい
今日話した限りでは僕らの中では
もうバンドとして死んでいた。

今日、レコ屋のリスニングには
"フィッシュマンズ+"
なるものが装填されていた。

「そうそう、あれどうだった?」と私。
「あー、あれね、もうどうなんだろうね?」と彼。

いくらzakさんがやっていても
欣ちゃんと譲さんがやっていても
私たちの共通認識は
「もう終わったバンド」
だったの。。
郁子さんも永積さんもやくしまるさんも
フィッシュマンズなんかじゃない。
ましてや「あの頭おかしい子(友人談)」
なんかがフィッシュマンズであってほしくない。


色んな人が沢山いる世の中だから
色んな遊びがあっても全然構わない。のだけれども、
此れをフィッシュマンズとしているリスナーは
何をフィッシュマンズというモノに
何を観ているのだろうかな?
って単純に疑問に思うのさ。

友人の彼は佐藤さんの生きていた頃のライブを
何度か観ていて、その彼をして
「もういいよね、笑」って言葉が出る。

その異形感。

物事、ぱたんっていきなり終わってしまうっていうのも
私は何だか大事な事だと思うなぁ。。

"けじめ"ね


トッツアンが死んでしまったSxOxB、
623ちゃんが死んでしまったSJM、
私が知らんくても沢山あるだろうに。
死んじゃったりしてなくても解散してしまうバンド、
引退しちゃって一般人に戻っちゃうアイドル、

形として続いて行くものも終わってしまうものも
どっちもあるのね。

でも"同じ"じゃないっていうのは
もう終わってしまったという事と一緒なのかも
なんて思ってみたり。

個人的にはサバッと終わってしまう方が
すっきりするなぁ。。
02:29 | 雑記 | comments(0) | trackbacks(0)
雑記 6/13
今朝,ボンヤリ
「"もち"の似顔絵描けるかなぁ」って思って
サラッと描いてみたら思いの外巧く描けて
更には自書ながら凄く可愛らしくて
「やっぱりもちだなぁ」ってなっているので
"もちシャチハタ"作ります。若しくはTシャツ。

21:49 | 雑記 | comments(0) | trackbacks(0)
about us?
田舎町自宅で生息中。
categories
archives
comment
  • 出会った頃の私たちは心細くて不安もあったけれど、いつもどこかでワクワクしてた。とにかくあの頃の空は、なんだかすっごく広かったんだ〜映画「ソラニン」〜
    nell (10/21)
  • 出会った頃の私たちは心細くて不安もあったけれど、いつもどこかでワクワクしてた。とにかくあの頃の空は、なんだかすっごく広かったんだ〜映画「ソラニン」〜
    teru (10/21)
  • red race riot! vol.22
    mackie (05/08)
links