スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | - | -
大和の国から宇宙に接続するフォークロアのプリント" Best of RISU~The past future folk songs~"
此処最近、本サイト迄の道案内の中に
二年前のRISUのエントリーについてが多い様なので
私が聴いていたRISUについての事を
改めて記そうかと思います。




RISUとは全く不思議なバンドで有りまして、
アコースティックギターをメインに
唄っておられた福間未紗さんをVo.に
ジムオルークのユリイカの"あの"イラストでおなじみ
友沢ミミヨさんが大正琴を演奏と
パーカッションにイラストレイターの若林チカさんが
初期結成メンバーとの事、1990年結成。

何故そういった点が不鮮明なのかと言いますと、
私自身が此のレコードを手に取った時点で
十年の時を経ての編纂盤であり、
更には今迄これら纏められた音源が
入手不可能な作品ばかりで、
テープ、レコード共に
数万円のプレミアが付けられていたり
と言う状況でまず耳にすらする事が
出来なかったのでありました。

当時、福間未沙さんのレコードが好きで
聴き漁って居た2000年位でしたでしょうか?
日課になっていたレコ屋探訪の途中
「奇跡のCD化!」
のキャプションの元、店先に並んでおりました。

特に帯に描かれた

「歌え、『宇宙の本当』を!呼べ、円盤を!神を!悪魔を!未来を!」

のラインにエモイワレヌ興奮を憶えて
即購入したのを憶えております◎

鳴らされるRISUの音楽は
幼子の様な歌唱を基に
アコースティックギターと
大正琴が印象的に響く中
太鼓と鈴の様な少ないパーカッションと
やさしい鍵盤の音で
時に軽快に、時にしっとりと
民族音楽の様なフレーズを奏でるのです。

雰囲気で言えばペルーの
民族音楽の様で
大正琴がチャランゴやバンジョーの様に
メロディを奏でて
タンバリンやオカリナで
リズムを作る。

唄われる詩は一貫して
宇宙をモチーフにした様な詩なのですが
其処に漂う空気は
メトロポリスの様なキラキラした
未来科学からの宇宙観では無く、
何と言いますか、
太田蛍一さんがが描かれる様な
レトロフューチャーの空気が充満した
サイエンスの知識無く夢想した
子供の考える"うちゅう"の様で。
そして其処には
更に小さな宇宙とも呼べる様な
人間の根源の思考巡回の様にも取れる
インナートリップ感覚、
宇宙を眺める様に自己意識内旅行の様、

遊び疲れて夜、
布団を被り電気を消したあとに見えてくる
天井を突き抜けた闇の向こうの
"うちゅう"に想いを馳せる。
そしてこの銀盤の中で鳴る続ける
これらの音が何だか優しくて
不思議な感情と共に涙が流れてきたり。
私はそんなイメージで此のレコードを
当時繰り返して聴いていた憶えが有ります。

2012年現在、
此のレコはまだ手に入るのでしょうか?
かなり入手は難しいかと思われますが、
不思議に心安らぐRISUの音楽が
気になる方は根気よく
探してみられては如何でしょうか?

お気に入りの曲「ねじ」


RISU / THE BEST OF RISU>>>THE PAST FUTURE FOLK SONGS
EMPEROR RECORDS ER-2003

1. 円ばん旅行
2. オッペケ
3. ねじ
4. 火星
5. クロアゲハ
6. ソラウミ
7. ユリの丘
8. メビウスアイロン
9. パルスα
08:26 | レコメンド | comments(0) | trackbacks(0)
大人達の悪ふざけと無自覚少女達の醸す青春疾走〜さくら学院1st album"さくら学院2010年度 〜message〜"

■初回盤「さ」盤 TFCC-86349 ¥3,300(tax in)


■初回盤「く」盤 TFCC-86350 ¥3,300(tax in)


■初回盤「ら」盤 TFCC-86351 ¥3,300(tax in)


■通常盤 TFCC-86352 ¥2,800(tax in)

さくら学院オフィシャルサイト



さくら学院とは、
2010年4月に開校された
小学校5年生〜中学校2年生までの
少女達10名で構成され
"学校生活とクラブ活動をテーマに色々な分野で個性を表現"していく
成長期限定のグループであります

初等部、中等部と歳によって分けられたり
義務教育終了の中学3年の3月で
さくら学院から卒業するなど
学園生活の様々な状況に
コンセプトを置いて組み立てられております



最初に耳にしたのは、とあるクラブイベントの中での
DJプレイでかけられた一曲
アイドルポップスばかりがプレイされるパーティの中、
激重なヘヴィリフが鳴り響き
其のエキセントリックさに
闘魂注入ビンタをされた様な気分を味わったのでした。

「アイドル×ヘヴィメタル⁈」

忘れられない衝撃を受けたまま数ヶ月、
発売延期を乗り越え、
今回のアルバムリリースになりました。

アルバム全体楽曲のエディットイントロから始まり、
ミドルテンポでしっとりと聴かせる
ユニットレペゼンソングで〆括る10曲(11曲)



収録曲全体の特徴としては、ディストーションギターと
ボトムの太い打ち込みのリズム隊による
ロックドライビングで構成されており
その上に被せられたシンセのキラキラした音色や
ロービットなピッコピコ、
そこに乗っかる若々しい娘御の歌声
美麗メロディのオンパレード。
とにかくノリが良く聴いていて心地が良い。
そして可愛らしい。。

コンセプトの学園生活という事、
部活動と括って数名でのユニット分けがされており
楽曲によりクッキング部(ピッコピコ)、
新聞部(レンタルズ風ロック)、
バトン部(渋谷HMV的懐かしの香り)、
重音部(メタルアイドリング)、
そして帰宅部(欽ドンアンセム"めだかの兄妹"リメイク)と
カテゴリを分ける事で各々の風合いを生かし
バラエティに富んだ構成。

そして、
聴いていて何より楽しいのは仕掛ける側、制作する大人達の
"遊び"の感覚が滲み出ている点であります

個人的な琴線ではあるものの、重音部は素敵過ぎ!!
"けいおん"ブームのカウンターとして
つくられたとの事で、
重音部楽曲のヘヴィギターリフ、
歌詞に合わせて踏まれるバッタバタな
ツーバスに痺れ捲り◎
ザックザクの刻みに乗せて歌われる
ちびっこの無自覚なPOP風味
幼女にメロイックサインを極めさせるという痛快さ!
子供アイドルがヘヴィロックをやるという
悪ふざけ感(褒め言葉)が大爆発!!!!!!!!!

ジューダスプリーストのペインキラーの
イントロを持って来た曲が有ったりと、
いちいち素敵過ぎる演出過多◎

聴いていて楽しいのは、
そういう大人の目線から作られた
様々な仕掛けを理解しているのか?
していないのか?いや、してないか。
ピッチピチの子供達が素直に
対応している気持ちと
制作する大人の取り扱い意識の隙間感。
真っ直ぐな子供と
"さら"な状態を使って遊ぶ大人

まだまだアイドルというものに
触れて間もない私にとっては
そういった関係性が
非常に楽しいのであります◎

DVDにはPV、部活紹介など収録され、
映像特典収録の学年末テストの
テスト問題用紙、部活カード封入、
そして、通常版は初回生産分に
新聞部『さくら学院新聞』封入、
初回盤未収録のクッキング部が一曲多い等、
Ver.違いも至極楽しめるナイスボリューム◎




[収録内容]

[CD]
1.FLY AWAY
2.Hello ! IVY
3.チャイム
4.ハッピーバースデー(クッキング部 ミニパティ)
5.めだかの兄妹(帰宅部 sleepiece)
6.Dear Mr.Socrates(バトン部 Twinklestars)
7.Brand New Day(新聞部 SCOOPERS)
8.ド・キ・ド・キ☆モーニング(重音部 BABYMETAL)
9.夢に向かって
10.message
※.プリンセス☆アラモード(通常版のみ収録)

[DVD]
初回盤「さ」盤(TFCC-86349)
DVD収録内容<約20分>:◆サプライズ!期末テストは突然に。
*「夢に向かって」video clip
*1時間目「さくら学院抜き打ち学年末テスト」
*クッキング部「ミニパティ」コーナー
*特典映像

初回盤「く」盤(TFCC-86350)
DVD収録内容<約20分>:◆組対抗!戦いはお手柔らかに。
*「Hello ! IVY」video clip
*2時間目「さくら学院真剣勝負!!」
*バトン部「Twinklestars」コーナー
*特典映像

初回盤「ら」盤(TFCC-86351)
DVD収録内容<約20分>:◆ラブ&ピース!出会いの季節はすぐそこに。
*「message」video clip
*3時間目「さくら学院休み時間 〜転入生が!?〜」
*重音部「BABY METAL」×新聞部「SCOOPERS」コーナー
*特典映像
21:58 | レコメンド | comments(0) | trackbacks(0)
出会った頃の私たちは心細くて不安もあったけれど、いつもどこかでワクワクしてた。とにかくあの頃の空は、なんだかすっごく広かったんだ〜映画「ソラニン」〜


映画「ソラニン」公式サイト
DVD「ソラニン」TCエンタテイメントサイト


私の青春時代。
広告の勉強をしようと学校に通い始めた頃。

常に感動し、常に怒り、
何でもおもしろがっていたと思う。
楽器の演奏が子供の頃より大好きだった私は
迷いもせずに軽音楽部に入部した。

毎日溜まり場の部室に向かい、
バンドの演奏をしまくった。

当然、恋もした。

恋人も出来て毎日が楽しかった。

短い学業期間が終わると、
私は就職口を蹴っ飛ばして
アルバイトでの生活と
バンドの活動を選択した。

小さいながらもライブハウスで
活動するようになり
安い賃金の中でも素敵な恋人と共に
貧倖な生活を送っていたと思うのです。

しかし、物事というのは突然に
終わりが訪れるものです。
私にも突然訪れました。

青春時代の一瞬、輝く事が出来た。

突然訪れたリセットボタンに対応出来ずに
すべての事がどうでも良くなった。
それからは私の人生の数年間、
"夢の中の時間"という事にした。

あれから10年、本当に速かった。
私の中での青春の年代は
もうとっくに過ぎ去り
当時の恋人は結婚もしてしまった。
今私に残されているのは、
夢の中で過ごした事の代償。

そんなある日、
映画「ソラニン」を観た。

バイト暮らしの種田、
勢いでOL辞めてしまう芽衣子。
彼等、彼女等は音楽と
可愛い暮らしがあった。
そして若いが故に稚拙で直情的、
未来なんか無いからすぐに
"死"
などと口にする。

若さとモラトリアムの中
もがいてもがいて音楽に没頭する。
「本当は音楽なんかでご飯が食べれない」
なんて言う事はとっくに知っている。
一瞬でも良いから輝きたいのだ。
輝きたくて音楽を、バンドをやっているのだ。
若い勢いの中、馬鹿な事故で種田は死んでしまう。
私は同じように夢の中で過ごし
現実に社会から目をそらした。

まぎれも無く劇中には"私自身"が生きていた。

映画では「ソラニン」と言う曲をきっかけに
彼らは一瞬輝く。

しかし私は彼らの未来を知っている。
体感している。

いくら時間が経ってみても
いまだに未来なんか見えないし
期待もしていない。だから
「ソラニン」(映画、漫画共に)を観ると
本当に死にたくなる。
希望にあふれたニコニコした
未来なんて無いのだよ。
こんな生き方には。
しかしものすごく
愛おしい気持ちにもなる。
それは貧しいながらも素敵に暮らした
我が青春時代が
綺麗にトリミングされているから。

大好きだけれども大嫌いな映画。



2010年9月3日 DVD発売


発売元:アスミック、小学館
販売元:TCエンタテインメント

原作:浅野いにお「ソラニン」(小学館ヤングサンデーコミックス刊)
監督:三木孝浩
脚本:高橋泉
音楽:ent
メイン・テーマ「ソラニン」
エンディング・テーマ:「ムスタング(mix for 芽衣子):ASIAN KUNG-FU GENERATION(キューンレコード)
製作:「ソラニン」製作委員会
制作プロダクション:IMJエンタテインメント

21:19 | レコメンド | comments(2) | trackbacks(0)
"あなたの全てが知りたい"〜Perfume 11th Single「VOICE」〜

■初回限定盤(CD+DVD) TKCA-73560 ¥1,300 (tax in)


■通常盤(CD) TKCA-73565 ¥1,000 (tax in)
Perfumeオフィシャルサイト

perfume待望の11枚目のsg

今回は音の傾向もdance!dance!!というよりは
よりポップスの方向にシフトを向けた表題曲。
声の加工は少し抑えめでかなり聴き易い。
恋愛におけるトキメキと
駆け引きの難しさが感じられる詩内容
曲調もメロウなシーケンスは前回の
「不自然なガール」同様
オリエンタルなフレイバー少し強め。
チャイナ旋律でテクノなアレンジ。

前sgカップリング
「ナチュラルに恋して」も
驚きのカッティンエディットだったが
今回のカップリング
「575」
もちょっと新鮮。
恋愛中の男女の距離感のモドカシさの詩が
タイトル通り575調で語られていくのだけれども
何より途中で入ってくる彼女らによる
"RAP"
が超FRESH!!!
俳句を詠む様にメールの文章を組む現代っ子さ。
トラックもミディアムテンポのチリンビーツに
"戦メリ"を彷彿とさせるオリエンタルメロディ。
こちらは一曲目よりオートチューン強めの加工声で
変化球感覚

初回盤DVD付きのJKTには彼女等の写真は登場せず
パールホワイトの紙面に軽めBlingな靴と彼女等の足のみ
男性向けにターゲットを絞ったアイドリングではなく
より女性FANにも受けやすいという
彼女等のCuteな雰囲気が全開のパッケージ。

古参のファンから見て
テクノポップといういわゆる
"飛び道具"
を使わなくてもFANをキャッチ出来ている、
2曲ともCMタイアップソングになるという広がる知名度、
此処最近の彼女等を取り巻く現状は非常に嬉しく
新しい。
曲自体で完成版Perfumeを聴き、
インストトラックを聴く事で
中田ヤスタカが構築するPerfumeを読み解き
パッケージを取る事でTeam Perfumeの繰り出す
新感覚に飛び込む。
此れは配信という形ではなく、ソフトを所有する事で完結する
総合芸術"Perfume"というカタチ。。。

やっぱりレコは買ってなんぼだなぁ。。。。。。

[収録内容]

[CD]
1.VOICE "「日産のお店で!キャンペーン」CMソング"
      "「レコチョク」TV-CMソング"
2.575 "KDDI「iida」CMソング"
3.VOICE -Original Instrumental-
4.575 -Original Instrumental-

[DVD]
1.VOICE -Video Clip-

※「ペプシネックス」TVCMソング「Lovefool」は収録されません。
20:49 | レコメンド | comments(0) | trackbacks(0)
大きな渦に飲み込まれた人間達の処世術〜「2番目、或いは3番目」ナイロン100℃ 35th SESSION(@8/5 りゅーとぴあ新潟市民芸術文化会館 劇場)

ナイロン100℃ オフィシャルサイト


他人をおとしめる事無く、
自分が幸せを感じる方法に
自分よりも不幸せな人を見つけて、
自分がその不幸を取り除いてあげる
というやり方があるのです。

もし何か大戦か、天災が起きて
自身の街が壊滅的打撃を受けてしまい
悲観する空気が満ち満ちて生き辛くなったら
生きる意欲を取り戻す為に
さらに悲観的な状況の人間を見つけて
自身の状況が彼らよりマトモであるという
上位的な実感を持って意欲を取り戻すのだろう

しかし
「彼らは私たちより不幸だ」
という状況の居る人たちを見つけて、いざ
「大変でしたね、たいそう辛い思いをされた事でしょう」と
近寄ってみた時に、
「大変は大変だったけれども、まぁ何とかなるものですよ。ははははは」
などとあっけらかんと開き直った態度を見せられた時、
一気に形勢が逆転してしまう。

人や自分の気持ちに素直に対面する人たちは
形だけの幸せに対し純粋な利己的幸福を求め
"一番の不幸者"を探し、
対になる人たちは
状況を飲み込み、その中で
自分たちなりの解釈を持って内輪で辻褄合わせをして
"一番の不幸者ではない"と信じて幸福としている

それらのどちらともが
「我々は一番の不幸者ではない、2番目、或は3番目」
と思っているのだ。

形は違えども"生きている"という事に違いは無く
そして各々の幸せを求めて此れからも生きていくのであろう。

対峙する人間が多ければ多い程、偏見や差別はなくなる事は無く
善意という形を持った卑下の視線も同じものである。
しかしながら人間として生活を共にしていく事で
心は邂逅され
"只、同じ人間でしかない"
という事に気付くのであります。

そして社会の力とは大きく、そんな人間たちの心など気にする事も無く
人間自身でありながらも統率するという大義を持ちながら
他の人間を卑下するものであります。いまの世の中もそう。。

結局のところ、どのような形が幸福なのか、不幸なのかという事など
どうでもよく、各々の思うように生きているという事が
大事なのではないだろうか?

「人間、暖かいうちならくっつくのだ…」


今回の御芝居、
正直、大倉孝二演ずる老人の
演技やギャグがキャラクターが定まらず突飛なテンションの為に
物語を見ている上で非常にノイズになってしまっていたのを残念に思います
どなたかが書かれていた
「大倉孝二は大倉孝二でしかない」
というところが今回のお芝居に関しては非常に残念なポイントであります。
個人的にとぼけた老人として"カラフルメリィ〜"の
山崎一さんが御上手すぎるのでそこと比べてみてしまうのでした。

とはいえ、いつも通りナイロン節ともいえる
くだらないギャグ全開なポイントは最高にオモロく
犬山イヌコ&松永玲子の双子姉妹のシンクロ感
緒川たまきの解りやすく行き過ぎた善意の押し売り感
マギー&三宅弘城の小ネタの絶妙なフック
そして、あの気持ち悪いニョロニョロは何????
観劇された大勢の方々が皆さんおっしゃるように
3時間半(休憩含)なんかあっという間に過ぎてしまった。

あと、緒川たまきさん。
昔から見ていた女優さんだったので楽しみにしていた
生たまき、美人すぎました。
峰村リエさんがかなり大柄なイメージがあったのにも関わらず
同じくらいの背の高さだったので緒川さんも
背の高い方なのだなぁと吃驚!!
あと、カーテンコール後にいつも恒例になっている
三宅弘城さんのピースサインが今回は無かった……ガッカリ

9月にはCSでの放送もあるのでその時にさらに咀嚼できたらなぁと。。

楽しめました。


NYLON100℃ 35th SESSION
「2番目、或いは3番目」

作・演出 ケラリーノ・サンドロヴィッチ
出演:犬山イヌコ みのすけ 三宅弘城 峯村リエ 大倉孝二
   松永玲子 村岡希美 藤田秀世 長田奈麻 喜安浩平
   白石 遥 伊与顕二 斉木茉奈
   小出恵介 谷村美月 緒川たまき マギー
音楽:朝比奈尚行  美術:BOKETA 照明:関口裕二(balance,inc.DESIGN)  
音響:水越佳−(モックサウンド)  映像:上田大樹 大鹿奈穂(&FICTION!) 
衣裳:前田文子  ヘアメイク:武井優子 
演出助手:相田剛志  舞台監督:宇佐美雅人(バックステージ) 
大道貝:櫻井敏郎(C-COM舞台装置) 唐崎修(smile stage) 
小道具:池上三喜(高津映画装飾)
企画・製作:シリーウォーク キュープ
18:21 | レコメンド | comments(0) | trackbacks(0)
toe CUT_DVD


7/14発売。待望の2ndDVD→toe オフィシャルsite

2/15日に開催されたFor Long Tomorrow Release Tourのライブ映像を完全収録。

Album"For Long Tomorrow"を主にしながらの過去曲も混ぜ込んだベスト的選曲。。
1曲目から19曲目までは6カメを駆使してSHOOTされた各アングルからの
6分割映像。
個人的にDrums柏倉氏の鬼の様な手数の繊細なドラミングをじっくり堪能したいので
このアイデアは結構好きなのだけれども
小さなモニターを使って視聴される際は逆にゴチャゴチャしてしまって
どうやら見辛い模様。
アンコールから1カメラショットを編集しての映像、
ゲストミュージシャンが多数出演した舞台の中、土岐麻子さんが歌う名曲
"グッドバイ"はやはり心響。

おまけにスチールコマ撮りを繋いだアニメーションの"グッドバイ"と
些細な日常を思いっきり大げさにスーパースローで描いた"After Image"の
PVも同時収録

ブックレットと裏ジャケシート、プラケースを輪ゴムで纏める斬新パッケージも
NICE!!!!


CUT_DVD
2010.07.14.Release.
Opening Introduction
00 ここには何もかもがあるし、何もかもがない
Performance
01 ショウシツ点よ笛
02 everything means nothing
03 孤独の発明
04 I Dance Alone
05 エソテリック
06 Say It Ain't So
07 Two Moons
08 You Go
09 ラストナイト
10 1/21
11 モスキートンはもう聞こえない#1
12 モスキートンはもう聞こえない#2
13 After Image
14 Velvet Blanc
15 Tremolo + Delay
16 Our Next Movement
17 Leave Word
18 I do Still Wrong
19 Past & Language
Encore
20 グッドバイ
21 new Sentimentality
22 Long Tomorrow
Encore Again
23 Path
Music Video
01 グッドバイ (MV)
02 After Image (MV)
22:02 | レコメンド | comments(0) | trackbacks(0)
イルリメ/360°SOUNDS

イルリメ 360°SOUNDS スペシャルサイト




まず、一曲目、"トリミング"の再録にビックリ!!!!
弾き語りでの”鴨田潤”を経由した新フロウにてのリレコーディング。
名曲は名曲のまま色褪せる事なく更にパワーアップした新トリミング。

明るい聴き目にセンチメンタルなラブソングHELLO MELLOWを挟んで
3曲目のフィジカルグラフィテイはファンキーギターに始まり
ドボドボとサイケデリックミニマルな世界に引きずり込ませる
アップリフターなHOT SPOT越え確実なダンストラック◎
〜からの
WE ARE THE SOUNDも更にアップリフト。

「イルリメで踊れるなら、君らの頭は柔軟だ。」
「音楽は誰のものでも無い。誰かの為だけに鳴ってない。
格好良い音を生み出して、分かち合うだけのものである。」

のラインが彼の心情を覗いてるみたいで
首の後ろ側からハカハカしてきてギターをかき鳴らしたくなる
欲求に襲われてしまう。

ミニアルバムながら名盤。リリック最強album"www.~"をもう一度引っ張りだして聴きたくなる
と共にもっとみんなで面白い事やろうゼって前向きに考えられる
メッセージが満載。

だから音楽はやめられないし止む事がない。
17:56 | レコメンド | comments(0) | trackbacks(0)
ocean/bloodthirsty butchers


kocoronoと同時発売される新譜より。
やさしい。
23:23 | レコメンド | comments(0) | trackbacks(0)
bloodthirsty butchers "kocorono"完全盤


96年10月に発売され未だに激センチメンタルな音像を放つ大名盤が
コーパスグラインダーズでもメンバー同士だった名越由貴夫(当時もプロデュースとして参加)
とのタッグを復活させリマスタリングで再リリース。
一年間の各月の心象風景を表現したアルバムでありながら2月から始まり12月で終わり、
収録されなかった"1月"は当時発売された"シンデレラV.A."という別盤に収録され
"12月"後には曲分の時間無音状態が続くというパスルの様な形で作られたアルバム。
オムニバスという事で入手を躊躇してしまい、なかなか表に出る事の無かった"1月"を
今回は最終曲に収録し、紙ジャケット仕様、完全生産限定盤
2010.3.10.発売
22:58 | レコメンド | comments(0) | trackbacks(0)
Best of RISU~The past future folk songs~


最近一番のヘヴィローテーション。大正琴とオカリナが凄く心地良い。未来的な歌詞にアンデス民謡調のメロディがナイスマッチ。大正琴はジムオルークのユリイカのジャケでおなじみの友沢ミミヨさん久々引っ張りだしたらジャストヒット。機会があったら皆さん是非。
14:44 | レコメンド | comments(0) | trackbacks(0)
about us?
田舎町自宅で生息中。
categories
archives
comment
  • 出会った頃の私たちは心細くて不安もあったけれど、いつもどこかでワクワクしてた。とにかくあの頃の空は、なんだかすっごく広かったんだ〜映画「ソラニン」〜
    nell (10/21)
  • 出会った頃の私たちは心細くて不安もあったけれど、いつもどこかでワクワクしてた。とにかくあの頃の空は、なんだかすっごく広かったんだ〜映画「ソラニン」〜
    teru (10/21)
  • red race riot! vol.22
    mackie (05/08)
links