<< 生きる術 | main | 雑記 6/13 >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | - | -
大和の国から宇宙に接続するフォークロアのプリント" Best of RISU~The past future folk songs~"
此処最近、本サイト迄の道案内の中に
二年前のRISUのエントリーについてが多い様なので
私が聴いていたRISUについての事を
改めて記そうかと思います。




RISUとは全く不思議なバンドで有りまして、
アコースティックギターをメインに
唄っておられた福間未紗さんをVo.に
ジムオルークのユリイカの"あの"イラストでおなじみ
友沢ミミヨさんが大正琴を演奏と
パーカッションにイラストレイターの若林チカさんが
初期結成メンバーとの事、1990年結成。

何故そういった点が不鮮明なのかと言いますと、
私自身が此のレコードを手に取った時点で
十年の時を経ての編纂盤であり、
更には今迄これら纏められた音源が
入手不可能な作品ばかりで、
テープ、レコード共に
数万円のプレミアが付けられていたり
と言う状況でまず耳にすらする事が
出来なかったのでありました。

当時、福間未沙さんのレコードが好きで
聴き漁って居た2000年位でしたでしょうか?
日課になっていたレコ屋探訪の途中
「奇跡のCD化!」
のキャプションの元、店先に並んでおりました。

特に帯に描かれた

「歌え、『宇宙の本当』を!呼べ、円盤を!神を!悪魔を!未来を!」

のラインにエモイワレヌ興奮を憶えて
即購入したのを憶えております◎

鳴らされるRISUの音楽は
幼子の様な歌唱を基に
アコースティックギターと
大正琴が印象的に響く中
太鼓と鈴の様な少ないパーカッションと
やさしい鍵盤の音で
時に軽快に、時にしっとりと
民族音楽の様なフレーズを奏でるのです。

雰囲気で言えばペルーの
民族音楽の様で
大正琴がチャランゴやバンジョーの様に
メロディを奏でて
タンバリンやオカリナで
リズムを作る。

唄われる詩は一貫して
宇宙をモチーフにした様な詩なのですが
其処に漂う空気は
メトロポリスの様なキラキラした
未来科学からの宇宙観では無く、
何と言いますか、
太田蛍一さんがが描かれる様な
レトロフューチャーの空気が充満した
サイエンスの知識無く夢想した
子供の考える"うちゅう"の様で。
そして其処には
更に小さな宇宙とも呼べる様な
人間の根源の思考巡回の様にも取れる
インナートリップ感覚、
宇宙を眺める様に自己意識内旅行の様、

遊び疲れて夜、
布団を被り電気を消したあとに見えてくる
天井を突き抜けた闇の向こうの
"うちゅう"に想いを馳せる。
そしてこの銀盤の中で鳴る続ける
これらの音が何だか優しくて
不思議な感情と共に涙が流れてきたり。
私はそんなイメージで此のレコードを
当時繰り返して聴いていた憶えが有ります。

2012年現在、
此のレコはまだ手に入るのでしょうか?
かなり入手は難しいかと思われますが、
不思議に心安らぐRISUの音楽が
気になる方は根気よく
探してみられては如何でしょうか?

お気に入りの曲「ねじ」


RISU / THE BEST OF RISU>>>THE PAST FUTURE FOLK SONGS
EMPEROR RECORDS ER-2003

1. 円ばん旅行
2. オッペケ
3. ねじ
4. 火星
5. クロアゲハ
6. ソラウミ
7. ユリの丘
8. メビウスアイロン
9. パルスα
08:26 | レコメンド | comments(0) | trackbacks(0)
スポンサーサイト
08:26 | - | - | -
コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://nell.jugem.jp/trackback/87
トラックバック
about us?
田舎町自宅で生息中。
categories
archives
comment
  • 出会った頃の私たちは心細くて不安もあったけれど、いつもどこかでワクワクしてた。とにかくあの頃の空は、なんだかすっごく広かったんだ〜映画「ソラニン」〜
    nell (10/21)
  • 出会った頃の私たちは心細くて不安もあったけれど、いつもどこかでワクワクしてた。とにかくあの頃の空は、なんだかすっごく広かったんだ〜映画「ソラニン」〜
    teru (10/21)
  • red race riot! vol.22
    mackie (05/08)
links